上州御用 鳥めし本舗 登利平

メインメニュー
登利平のこだわり

昭和28年創業の伝統「上州御用鳥めし」

商品の性格を重視した上で、最も相応しい名前。群馬の地、上州、前橋、からっ風、豊かな自然の風土・・・ 色々な思いを馳せ、「上州の人々に深く愛され食べて頂きたい」との思いで、
上州人全ての方の御用達を願って「上州御用鳥めし」と命名しました。

  • 登利平のこだわり
    日本料理のひと品として鶏料理は古来より存在しておりますが、その専門店が街中に姿を現したのは大正末期とされています。登利平の始祖はその当時東京下町・北千住に誕生しました。その後昭和の初め、前橋に鶏肉販売店を開業しました。昭和28年には、のれん分けにより先代が新生登利平を開店しました。その頃からメニューにあった「鳥重」は、味の良いことでお客様に大変好評を頂きました。その当時の「たれ」はたれ壷の中で、半世紀に渡り脈々と生き続け、登利平の味として受け継がれてきました。
  • 登利平のこだわり
    以来、上州で愛され育まれ40有余年…。様々な時代を経て創られてきた登利平の奥深い味わいは、今や上州名物といわれるまでになりました。なかでも昭和47年に弁当の分野で群馬県優良物産品の推奨を頂いた、「上州御用鳥めし」は自他共に認める「上州の味」に成長しました。薄くスライスした鶏肉と安心の国産米を使用し、登利平自慢の「たれ」をまんべんなくまぶして召し上がる…。ひとたび口に入れればお肉のやわらかさと、まろやかでコクのある「たれ」が調和して、上州の香りが味わえるこの一品。ぜひ一度お試しください。
  • 食材

    ふっくらと炊き上げた美味しいご飯・新鮮で味わい深い鶏肉・秘伝のたれ、これらが三位一体となった絶妙な味のバランス、これが登利平の味です。厳選された国産ブレンド米、フレッシュな国産ひな鶏を使用し、ビタミン・ミネラル分豊富な餌を与え、肉質のやわらかい若鶏を育成し、低脂肪・低カロリーの健康で安全な飼育システムを保持しています。衛生的な養鶏所で育てられた鶏肉は、全て本部受注配送センターに運ばれ、第一次加工、第二次加工を経て、徹底した生産・衛生管理のもと、1時間に約8,000食の製造を可能にし、大量生産による当日天候不順のキャンセルにも対応でき、年間四百万食を皆様にお届けしています。

  • 秘伝のたれ

    先代が家業として営んでいた頃、試行錯誤の末に完成させた登利平秘伝の「たれ」。この「たれ」は、たれ壺の中で半世紀に渡って脈々と生き続け、登利平の味として受け継がれています。香り高くほんのり甘い上品な味わいの中には、先人たちの味への熱い思いが詰まっています。

  • パッケージ・器

    パッケージや器は上品で女性や子供の小さい手でも片手で持って食べやすい大きさ、そして軽くて保温性が高く、食後の処分が容易なものを考案し、現在の形になりました。また、包装紙は上州のイメージを打ち出すために、上毛三山(赤城山・榛名山・妙義山)をイメージしました。